あけましておめでとうございます。なかなか日記を更新できずにおりますが、そんな僕も毎日は続いているわけです。最近、自分の撮った写真が本に載るという機会があったので、その件についてでも。

ちらり見つけたうらっぽろ

ちらり見つけたうらっぽろ

と言っても有名フォトコンテストとかそーゆーんじゃぜんぜんなくって、むしろ公募してたことすら誰も知らないんじゃないか系の本なんだけどね。

何でも中央図書館が企画発行してる本で、「さっぽろ街図鑑2012年版」というコードネームだったようです。募集自体はこっちのページにありました。リンクいつまで生きてるかわからないので内容を抜粋しておくと、

 本のコンセプトは「札幌の魅力、再発見、再発掘」。札幌にはこんな場所があったんだ。都会なのにこんな自然が残っているなんて…などなど、あまり知られていない「もうひとつの札幌」を掘り下げます!

 ■応募内容

札幌市内で撮影した写真にコメント文を添えて応募ください。中高生の編集員が作品を選び、1冊の本及び電子書籍をつくります。
※応募作品の選定結果により、掲載されない場合があります。
【作品テーマ:もうひとつの札幌】お勧めの場所、お気に入りの場所、隠れスポット、札幌とは思えない別世界、レトロな風景、ローカルフード など

■応募条件

1.本人撮影及び未発表の作品に限ります。
2.過去(平成23年以前)に撮影した写真でも応募可能です。
3.人物の写真の場合は、応募について必ずその方の承諾を得てください。
4.写真の背景にはっきりと顔のわかる人物(上記3の人物を除く)が入っている場合は、審査の対象外とします。
5.施設やお店等、撮影許可や掲載許可が必要なものは応募者が責任を持って許可を得てから撮影、応募ください。
6.本に掲載する作品の著作権は札幌市に帰属するものとします。

何を応募したら良いのかわからない感が半端ないわけですが、中央図書館がやってて、中高生がいいと思った写真が採用されるらしい、って話ですね。

こっちの資料だと、

読書に親しみを持つきっかけづくりの一つとして、中高生を対象に出版体験(『さっぽろ街図鑑』の作成)事業を実施

→ 郷土資料としても使える 本『さっぽろ街図鑑』の制作出版

郷土資料・・・。こりゃまたお堅いところを狙っている感じな様で、ローカルフードとかいって北大界隈の激盛の写真とか送っても無駄そうな感じがします。

ということですぐイメージ出来たスポットを何カ所か回って撮って応募してみたところ、3枚ほど採用いただけました。僕の写真は、P.45の札幌飛行場跡、P.57の南北線夜景、同札幌IC夜景、の三枚です。ちなみに、3枚採用頂いても献本は一冊でした(あたりまえ)。

えーと。この3枚は札幌市に著作権が移動したという事になると思うのでここで公開できないわけですが、なんていうか、特に札幌飛行場跡なんて、アレです、スマホで撮れるじゃんソレって一枚です。まあ、本の趣旨からすると、こういうところになるんでしょうね。あとの2枚はねえ、まあ、夜景ってキレイだからね。

せっかくなんでボツになった写真を何枚かここで供養してあげようと思います。

滝野線のふせ食品

滝野線のふせ食品

「レトロな風景」枠にいいかなあと思って応募したんだけどダメでした。もしかしたら「施設やお店等、撮影許可や掲載許可が必要なものは応募者が責任を持って許可を得てから撮影、応募ください。」に引っかかったのかもしれないんだけど、いやでもこれならいくね?って思うので、たぶん単に写真が選ばれなかったのではないかと思われます。まあ、シャッター押しただけだからね。

滝野霊園の星景写真

滝野霊園の星景写真

「札幌とは思えない別世界」枠を狙ったんだけど、モアイ有名すぎただろうか。これ撮ってる最中に地震来て霊園の門がポルターガイスティになってすっごい怖かったんだけどなあ。

丘珠らへん

丘珠らへん

田舎感あるかなと思ったけど不採用。んー、こういうことじゃないらしい。難しい。つまり、

丘珠らへん

丘珠らへん

こういうことでも無いらしい。むう。

いや、だけどさあ、撮影許可不要な被写体ってなるとどうしても風景ばっかりになっちゃうし、ちゃんと説明しようにも「本の募集に応募するんですけど-もしかしたら載るかもしれないんですけどー、どんな本なのかわからないしどういう載り方するのかわからないんですてへぺろー」って説明するしかないんですよねえ。どうなのそれ。なんか、何が難しいって、写真以外のところが難しいと思った。

えーとまあそんなところでした。この本は札幌のいくつかの書店(ジュンク堂とか紀伊國屋とか)で売ってるらしいです。ISBNは、確認したところ、付いていなかったので、要するにコレ、自費出版みたいな感じなんですねたぶん。12月に発売になった薄い本です(ちがう)。もし書店で見かけることがあれば。

Written by bokusama in: カメラ,日記,遊び | タグ: , ,

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL



Leave a Reply

Template: TheBuckmaker.com Themes for WordPress | Web Hosting Plan Comparison, Slimdevices Squeezebox