幼稚園ぐらいの時ね。

今日は予想外に札幌市交通局が面白かったのです。

大通駅密着24時

大通駅密着24時

ぼく、鉄分とか全然ないんだけどね。このキャッチは何事ぞ、と思うじゃないですか。

で、標題の写真は、広報誌「With You」というやつの一ページでした。そんな広報誌を市営交通が出しているの、知ってました?僕は初めて知りました。大谷地駅だと、

昔は券売機が埋め込まれていた気がします、ここ。

昔は券売機が埋め込まれていた気がします、ここ。

こんな感じで

気に留めないよなあ

気に留めないよなあ

ひっそりと配布されていたのです。

まあ、こういう広報誌って、当たり障りのないことが書いてあるのが、世の常じゃないですか。市営だし。実際、中身も期待通りというか、

月寒あんぱんおいしいよ。

月寒あんぱんおいしいよ。

こう、実に安心感のある感じで。地下鉄沿線の街紹介が続いて、うんうん、と地下鉄車内で読み進めていったら、ででーんと出てくるのが先の「密着24時」ですよ。吹くかと思った。僕が警察密着24時とか大好きなのを知ってのことか(ちがう)。

いやあ、最近の市営交通には、何かよくわからない勢いを感じますね。だって、昔なんて、ホームの蛍光灯も半分しか点いてなかったのに。いま、わりと景気良く点いてる気がする。(気のせいかもしれない) 黒字化すごい。東西線プラットホームの赤い電球(床埋め込み)がビカビカ光る日もそう遠くない気がします。

そら、南北線だって、

早くここに面白いもの流してください

早くここに面白いもの流してください

山手線化もするわけですよ。東西線の、ドア一個おきLR交互にある電光掲示板、とはだいぶ違う景気の良さ。すごい。吊り広告は景気良くないけど…。今日初めてこのタイプの南北線車両乗って、衝撃を受けました。

完全分煙

完全分煙

新型車両だけあって、災害対策もばっちりです。どうでもいいんですが、この車両と車両のつなぎ目に立っているのが、小学生時代は大好きでした。毎週習い事で大通に通ってたんですが、その時にここに立っていた気がします。気分はサーファー。あほな僕。

ていうか、オチなしとか、なんなのこの日記…

Written by bokusama in: 日記 | タグ:

2 Comments »

  • k より:

    つなぎ目に立つ事しか考えられなかったですね。
    そういえばこっちの地下鉄でつなぎ目見たことないなー。
    こっちの小学生が不憫だ。

  • bokusama より:

    大体、地下鉄来るときに「ちゅんちゅん」て言わないのがおかしいよね。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL



Leave a Reply

Template: TheBuckmaker.com Themes for WordPress | Web Hosting Plan Comparison, Slimdevices Squeezebox